痛いとの噂は本当?初めてのHが不安なあなたに!

初めてのHは本当に痛いのか

結論から言うと、本当に個人差があります。

最初からすんなり入ったと言う人もいれば、痛すぎて初めてカレのものを全部挿入するまで1ヶ月かかったという人が筆者の周りにもいます。

ちなみに筆者は、我慢できない程ではないけれど、快感からは程遠い鋭い裂けるような痛みでした。こんなの気持ちよくなる日が来るの!?と、かなり苦しかった思い出です。

何で初めてのHは痛いのか?血は出るの?

なぜ痛いのか、これは原因が2点考えられます。

1つ目は処女膜が裂けたり伸びたりすることが原因です。この処女膜が裂ける際に出血が生じます。しかし、スポーツなどをやっていると処女膜が自然損傷していることがあり、初めてでも血が出ない場合は多いです。筆者の周りはスポーツをやっている人が多く、血が出なかったと言う人も多いです。しかし、中には生理中かと思うほどの出血があったとの体験談を語ってくれる友人もいました。

2つ目は、膣が十分に濡れていないことが原因です。初めてだと緊張し、Hに集中出来なかったり、彼氏の前戯不足で濡れなかったりします。ちなみに筆者は2回目に濡れる前に挿入され、初めてでは血が出なかったのに2回目に激しい痛みと軽い出血がありました。初めてHをする方は、彼氏に初めてなことを伝え、よく濡れてから挿入することをおすすめします。

踏み出せないあなたへ

今これを読んでいるあなたは、少なからずHするのが怖いという思いがあるでしょう。でも、誰しも大好きなカレと繋がりたい、カレを喜ばせてあげたいと思い、その恐怖を乗り越えてきています!どんなに痛くても、やはりカレの幸せそうな顔を見れることや、ひとつになれることは幸せを感じます。あなたもカレが大好きならば、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

性交痛の原因のひとつとして、処女膜強靱症の可能性があります。手術で治るかもしれないので、婦人科形成外科を受診してみるとよいでしょう。