膣のゆるみの原因は!?改善はできるの??

膣のゆるみの原因はなに?

膣のゆるみの原因は、骨盤の底にある骨盤底筋群の筋力の低下です。骨盤底筋群は、子宮や腸、膀胱などを支えている筋肉です。また、この筋力の低下の原因は、出産や加齢、運動不足などが挙げられます。その中でも特に一番の原因だと考えられるのが、出産です。出産で広がってしまった膣は、なかなか元には戻りません。さらに、骨盤底筋群やその他の筋肉が、引き伸ばされてしまうので、膣がゆるんでしまうのです。そして、高齢になるほど筋力を戻すことは困難になります。

膣のゆるみの改善方法は?

膣のゆるみを改善するためには、骨盤底筋群の筋力を鍛えることが重要です。毎日できる簡単な方法で、少しずつ鍛えることができます。では、トレーニング方法を2つ紹介します。1つ目は、まず椅子に座り足を肩幅に開きます。次に、お尻を引き締めるように力を入れて、5秒から10秒程キープします。これを5回ほどを1セットとして、1日5から6回行いましょう。2つ目は、仰向けに寝てお尻を浮かすトレーニングです。浮かした状態で3から5秒程キープします。これを約10回繰り返しましょう。どちらも簡単な方法なので、空いた時間に簡単に行うことができます。トレーニングをすることで、すぐに引き締まるわけではありません。大切なことは、毎日コツコツと続けることです。そして、毎日の生活習慣を見直すこともポイントです。足を組んだり、開いて座ったりすると筋肉の歪みや筋力低下に繋がってしまいます。一つ一つ自分の行動を意識して、適度に運動をすることで、骨盤底筋群を鍛えましょう。

女性特有の悩みの一つに、膣がゆるいというのがあります。最大の原因は筋力の低下で、出産や加齢や生活習慣等で起こります。膣の緩みの効果的解消法には、膣周辺の筋肉の強化や膣の入口を縮小する手術等があります。