こんなに便利!スチレンボードの使いやすさとメリット

表面に糊加工したタイプも

スチレンボードはキメ細かい発泡スチロール製のボード素材です。主に広告販促用に加工され、印刷物を貼るなどして用いられます。通常はホワイト系が多く使われますが、用途に応じて黒や赤の色付きのボードもあります。具体的用途としては店内のPOPをはじめ、展示会のパネルや建築模型などに使用されています。スチレンボードのメリットは軽くて加工しやすいことです。またコスト的にも安価になっており、入手しやすいことも魅力です。表面に糊加工したパネルもあり、ポスターなどを簡単に貼れます。

湿気が多い場所でも使える

スチレンボードにはメーカーごとに、機能性の種類が分かれています。現在は片面糊付きに加え、両面糊付きや両面紙貼り、そして素板の4タイプがあります。ハサミやカッターで簡単に裁断できるので、子供の工作用にも多く使われたりします。彩色もしやすいので、店舗のPOPなどに最適な素材だと言えます。スチレンボードは撥水性が高く、湿気の多い場所でも使えるメリットもあります。加えて不要になった際、廃棄しやすいのも魅力の一つです。

短期間の宣伝に最適素材

一般的なスチレンボードの厚みは3ミリから7ミリで、業務用となると10ミリを超えるものもあります。元々の素材はポリスチレンフォームと呼ばれるもので、強度を持たせて板状に加工しています。サイズは約800ミリ×約1100ミリ、約1200ミリ×約2400ミリなどの大判サイズのタイプもあります。大判サイズであっても価格的にはリーズナブルで、短期間の宣伝目的には最適な素材だと言えます。

スチレンボードは発泡スチロールと同じ材質でできており、看板等に使用できるよう板状にして強度を上げたもののことです。コストが低く、軽量なこともあり扱いやすいです。