CADを導入するなら知っておこう!利用する前に知っておきたい知識

導入のメリットを紹介

建築業界では定番となっているCADは三次元を表現したいときに活躍してくれます。利用範囲がかなり広く使い勝手のいいソフトなのが特徴です。導入するとどのように変化するのか理解しておくと導入しやすいと言えるでしょう。

従来まで建物の完成を想定した2D図面から想像をして作るのが定番でした。これは人為的ミスが発生してしまう可能性が高く非常にデメリットが多いです。たとえば複数の物を組み合わせるときに少しでも寸法がずれていると噛み合わないため作り直さないといけません。

CADはパソコンのCPUを使い処理を行うソフトなので正確に図面作成をできるのがメリットです。また2Dでは表現にしくい曲面や複雑な凹凸にも対応可能なので表現の幅が広がると言えるでしょう。従来までは想像できなかった形状も実現可能なので仕事の幅を広くしたいときに使えます。

業務効率がアップするのが魅力

設計部署では業務効率をアップできるのが特徴ですが、それ以外の場所ではどんなメリットがあるのでしょうか。営業部門ではCADを導入するとお客さんと打ち合わせをしやすくなるのが特徴です。完成予想図を用意に想像できるため、このまま計画を進めるかどうかを判断できます。またお客さんのニーズを把握して満足できる建物を製作可能になるのも強みです。

製造部門だと部品や形状のチェックを簡単に行えるのがメリットと言えます。製品に添付する説明書を作り上げるときにも時間がかからず、すぐに制作できるといった部分も優れていると言えるでしょう。

機械系の電気CADでは、その機械で使用する電気部品とその配線、電力などの情報を描いた電気図面を作成します。