心療内科とはどんな病気を見てくれる場所なのか?

心療内科とはどんな科なのか?

心療内科とは簡単にいうと、心と体の治療を行う科のことです。何かのストレスが基になって生じた体の不調を診ることを専門としています。めまいや頭痛など、体に現れる症状を診察します。

精神疾患の中にも、吐き気や頭痛、めまいなどの体調不良が起きた時に不調の原因が分からないまま対応しても、症状が治らないことがあります。症状の原因となっている精神的なストレスを、治療とカウンセリング2つのケアを行うことができるのが心療内科なのです。

心療内科はストレスが招いた体の不調を見ることが専門ですが、ストレスが招く体の不調は過呼吸や不眠、発汗などたくさんあります。

心療内科における治療の流れ

心療内科へ行くと、はじめに医師に自分の症状を伝える診察(カウンセリング)から始まります。病歴や薬の服用の他に、ストレスの原因となった出来事や自分の生育歴などを話します。診察を受ける前には自分が話す内容を簡単にまとめておくと話しやすくなります。

診察を受けた後は、体の不調となっている原因を調べる検査をします。ここでは心電図や血液検査などを行いますが、患者の性格や心理状態を把握するために心理テストを行うこともあります。

検査を終えた後は、治療に入ります。心療内科の対象となっている病気はストレスが主となっていることが考えられるので、患者の考え方や生活習慣を変えることで症状が軽くなることもあります。

治療は様々な方法があります。薬物療法は病気や症状に合わせて睡眠薬や抗不安薬などの薬が使われ、薬に頼らないで生活を送られるように少しずつ薬の量を減らしていきます。患者の行動を変えて不安を減らしていく行動療法や、患者のストレスの原因を探す精神分析療法などがあります。

岡山の心療内科は、カウンセリングや精神療法を重視しています。うつ病や発達障害、あらゆる心身の悩みに対応できる診療所があります。