BCP対策をすることは重要!特徴や具体的な方法とは?

BCP対策とはどのようなものか?

BCP対策とは、自然災害などへの対応を決めた計画のことです。事業継続計画とも呼ばれます。自然災害で損害を受けた時、事業活動をなるべく早く再開して継続していくために、何をすべきかなどを明記しているのです。再開する時に優先すべき事業内容、原料の調達方法、輸送の代替方法などが書かれています。

BCP対策のメリットとは?

BCP対策をしていないと、自然災害後に倒産や事業縮小の可能性があります。そこで、あらかじめBCP対策をして、自然災害時に備えるのです。BCP対策のメリットは、従業員や会社の生命・資産を守れることでしょう。優先すべき事業がすぐに分かり、事業の見直しができます。早期復旧できるので、企業評価や市場の占有率を低くしないのです。取引相手との信頼性も向上します。

BCP対策の具体的な方法とは?

BCP対策では、優先すべき内容や燃料の調達方法、輸送代替方法などを明記します。それらを管理するためには、ストレージやサーバーなどで、情報を一括して管理することが重要です。もし、水害などでコンピューターが壊れた時の対策として、データのバックアップもあるといいでしょう。バックアップでは、本社だけでなく支社にもデータを残しておきます。重要な文書の保管には、文書の電子化が有効です。電子化したデータを残しておくことで、自然災害のなかった地域で対応ができます。地震対策として、機械の転倒や落下防止をしておくことも重要です。社員の怪我を防ぎ、機械やデータの損傷も最低限にできます。電力使用制限の対応として、サーバーを外部が委託しているデータセンターに預けるのもいいでしょう。

日本は地震国家なので、いつ大地震が発生してもおかしくありません。いざ大災害の時に、いち早く事業を復興させる計画をあらかじめ立てておくことが重要です。この計画に沿った準備がBCP対策です。